駿河台下ささまの「松葉最中」2020/11/30 16:24


親友の奥様から「喪中のため年頭のご挨拶は失礼します」と、
喪中欠礼のハガキをいただいた。驚きに震えた。

大学時代から50数年来の親友で、今年は新型コロナのせいで中々会えなかったが、
1月23日に恒例の新年会を渋谷VINで献酬したのが最後になる。
20200123/左から時計回りで田村さん、加藤さん、柴田さん、佐々木さん、&山﨑
20190120/左から時計回りで笹間さん、高橋さん、加藤さん、柴田さん、山﨑、田村さん

11/22日夜、電話で奥様と話し様子が少し判った。
1月末新年会の後頃に調子が悪くなり近所の病院へ、検査の結果「食道ガン」と判明。
直に順天堂大学医学部附属浦安病院を紹介してもらい手術をした。
が手術中に心臓が止まり、手術を中断。蘇生したのですが癌を取り除く事は出来ず、
入院生活後退院、9月に自宅で家族に看取られ、お亡くなりになったということだった、、、

6月には茶研先輩の俊兵さんが亡くなっており、呼んだのかな〜寂しい限りだ。
何だか我が身もその時が身近になって来ているのは間違いない。
亡くなられた仲間の分も合わせて許される限り元気でいたいものだ。


28日(土)、一人で友人の家に伺いお線香をあげて来た。
京葉線の舞浜いわゆる海浜新都市群の一角で、駅から歩いて10分弱の振興地にあった。ディズニーランドとは駅を挟んで丁度反対側になり、落ち着いた住宅街。
陽当たりの良い明るい家だった。娘さん二人とやさしい奥さんに囲まれての幸せを
突然食道ガンが襲い9月に鬼籍に入った、享年73歳。
いいやつだったな〜残念、、、茶研先輩・笹間さんの和菓子をお供えした。


神田・駿河台下のささまさんの「松葉最中」はうまいです。
お茶会の席、特に表千家の茶会では有名な和菓子屋さんの最中で、
早大茶道研究会サークルの先輩・笹間さんのお店でもあります。
お茶席のお菓子ですから小振りに作られていますが、餡と最中の皮の美味しい事、、、
最高だね。

冬枯れの枝とカワセミ2020/11/20 10:58


今年は枯れ木に止まるカワセミはもう見れないのだろうか?
上の写真のどこにカワセミがいるか、わかりますか?

先週の週末に、石神井川の草刈りが業者によって行われ、
綺麗にはなりましたが残念な事に川の中に育っていた多分川柳(カワヤナギ)ですが、チェーンソーで全部伐採にあい、
溜淵橋から東伏見トンネルまでの間は、
カワセミの止まり木が全部無くなってしまいました!


綺麗にしたいという行政の気持ちは良く判るのですが、
そこは場所毎に「的確な指導」が大事だと思います
何でも、全て取り除こうとすることが
「小さな自然破壊を起こしている」 という事を考えて欲しい

川の生態は三面護岸にした時点で崩壊しているのでしょうが
健気にも、水草や川柳そしてカワセミやカモ等の鳥類は生きているのに
何という事か、、、行政のお仕事はこれだから困るよね〜

治水と、未来に繋がる生態配慮は両立して欲しいですね。


毎日の散歩で毎日会っていたカワセミたちは、
12日以降、一週間経ってもまだ一度も会えていないという事実は重い

柿の葉の紅葉2020/11/19 13:44


何と綺麗なんだろうね〜、柿の葉の紅葉、、、
久しぶりの好天で、
庭の柿の木とモッコウバラの暴れ狂ったツルの剪定を一日がかりでやった。

柿の葉は紅葉して綺麗なんだが、落ち葉掃きが大変なのです。
で、バッサリ強制剪定を、、、本当は切りたくないのですが
道路に落ちる葉が迷惑かけるのでしょうがない。
田舎の屋敷柿と東京の猫の額ほどの庭にある柿では処遇が違う。
柿の木にも格差が、やれやれだね〜。
綺麗な柿の葉に刺身を盛り合わせ、柿の葉皿で一杯、良い感じだね。


散歩で見る小菊も綺麗に咲いた。
今年は雨が降らない秋を迎え、公園のイチョウも黄葉に綺麗だが
未だモミジは紅葉していない。
少しはお湿りが欲しいところです。



ヒイラギの香りが好き2020/11/15 15:47


11月に入り、冬の木と書く柊(ヒイラギ)の花が咲き始めて淡い優しい香りが漂う。
8日、散歩で出会ったヒイラギの花(写真)は五分咲きでも良い香りが漂っていた。

今日(15日)満開になり、道一杯に柔らかな甘く優しい香りが漂っていた。
キンモクセイのあの強い香りとは違うんだよね。
モクセイ科では一番品のある香りだ、と思う。モクセイ科モクセイ属に分類され
常緑小高木で、葉の刺・鋸歯に触るとヒリヒリと痛むことからこの名があるらしい。

そこで防犯目的で生け垣に植えられたりしている。
昔は邪気払い、鬼門除けで表鬼門にヒイラギ、
裏鬼門にナンテンを植えると良いとされていたのですが、
近年の狭く密集した宅地では、ほとんど無理だね。

またボクの小さい頃には節分に、ヒイラギの枝と大豆の空枝を玄関に飾った記憶がある。結構人間と深く関わって来た植物の一つと言える。
近年はクリスマスリースに良く使われるセイヨウヒイラギを見かけますが、
名前はヒイラギでも植物学的には別物です。

小金井公園のコスモス2020/10/24 14:46


我が家の鉢植えコスモスがきれいに咲いている。
朝晩の冷え込みが厳しくなって、一段と綺麗に咲く様になった。


18日(日)はポカポカ陽気、小金井公園のコスモスを見に
娘の車で連れて行ってもらった。孫の拓杜くんも一緒です。


我が家のコスモスとはその咲いているスケールが違いすぎますが、
多勢の家族連れが遊ぶ広場のコスモスは
皆に幸せを分けているかのように咲いていました。


秋はやはりコスモスだね。
犬達もコスモスを背景に撮影会でした!


先日、小金井公園にコスモスを見に行った折に頂いたコスモス、
切り花で楽しんでいたのですが段々終わりになって来た。
もう少し楽しめそうだが、、、花のある生活はいいですね


小金井公園でこの時期に咲く冬桜も見頃です。
パラパラと咲き続け、年を越す花もありますから桜は凄いですね



愛犬モモも一緒でしたよ。
最近はほとんど視力がありません、、、残念ですがしょうがないね。


練馬で「茹で落花生」2020/10/15 06:06


先日、久しぶりに良い天気で犬の散歩で近所をブラブラしていて見つけた!

落花生らしき植え付けを大分前に畑で見つけていたので、気にしていたら
植え付けの一部が掘り起こされていたので
慌てて農家さんの家に行ったらこの看板が有ったのだよ!

茹で落花生「おおまさり」300円。

散歩で、お金の持ち合わせが無く、家に戻って出直して2袋購入。
犬のモモちゃんは良い迷惑だったね、、、


20分ほど海水ほどの塩水で茹で、10分程あげ笊で置いておく、、、
アツアツをかみさんと頂きました、、、美味かった〜。
かみさんが大好物だからね〜


’おおまさり’とは良い名前です、こんなにも大きいのだよ。
農家さんの畑にはまだ落花生は残っていたので、暫くは楽しめそうかな。


そしてこの話しには続きが有りまして、、、

地産地消のこの茹で落花生、あまりにも美味しかったのでFBにアップしたら
区議の小川さんが大好物だという事で 「いいね!」

早速次の日に行って購入、近所に住む姉の手から渡して差し上げたら
大喜びで、彼女もFBにアップ。そうしたら大騒ぎ、、、

練馬にも落花生があるんだな〜

ノラボーの種まき2020/09/29 13:42



友人の三好さんから送って頂いた自家採種の種
ノラボー、ルッコラ、コリアンダーの3種。
そのうちのノラボーを先日蒔いておいたら発芽率100%! 
双葉が綺麗に出た。


苗の本葉が5~6枚になったころに植え付けるらしい。
ルッコラとコリアンダーも急いで種まきしないと時期を外してしまう。

植え付けようの畑は、ミョウガ畑を転用するので
昨日ミョウガを掘り起こし、根株を撤去した。
消石灰を蒔いて、天地返しをした、、、結構疲れたな。
10月末頃に植え付ける予定。

武蔵関まちづくり2020/09/25 10:29


練馬区の依頼で、武蔵関駅に貼る「武蔵関まちづくりインフォーメーション」ボードの
デザイン&プロデュースをした。

ピース紺のベースがボードになる。
大判用紙の出力をしてラミネート加工で補強した。
本来ならばボードに紙を貼るのだろうが、
落下して通行人に怪我をさせるかもしれないということで、ボード加工は出来なかった。

区役所の若手数人で両面テープで固定。
壁が凸凹で大変だったようですが、何とかうまく貼れたようだ。
一番左端の女性は西武鉄道の本部担当者で立ち会った。
西武鉄道は何かとかなり煩いようだ。


武蔵関駅界隈の再開発を進めようとする練馬区は、
『武蔵関駅まちづくりニュース』を発行、多くの住民にニュースを読んでもらうために
掲示板的なボードを考えたが、上手く行かず
武蔵関の住民であるボクに依頼が来たという事だね。
住民参画の初めての企画になるらしい。

ボードには『まちづくりニュース』も一緒に差し込んだ。どれだけ手にしてくれるのかな? 
改札を出てすぐ左のこの場所は、住民の反応はどうなんだろう? 
武蔵関公園に棲むカワセミをアイキャッチャーにしたけど、暫くは様子見です。


雑多な情報が沢山同居する場所で、どれだけアッピールできるかな〜?
FBにアップすると、地元の田中区議が早速反応してくれた、嬉しいね。

田中 よしゆき
行政には、「もっと目立つようにちゃんとした掲示板を」と要望していた所、
プロの技でプロデュースして頂き、ありがとうございます!

やっとできました! 内部審査がかなり煩いようですね、、、
実物を是非ご覧頂き、忌憚の無いご意見をいただければと思います

田中 よしゆき
最初は壁にただ貼っただけで、見づらいし目立たないし、
交通対策等特別委員会でダメ出しの発言をしました。(議事録に残っていると思います)
上石神井駅もプロデュースしてもらうよう所管の課長に要望してみます。

九月、モミジ月2020/09/02 11:43


先日、町内会主催のブルーベリー狩りにかみさんと参加、
美味しいフレッシュベリーを入手しました! 
小さなお子さん、孫ちゃんと一緒に町内の家族が多勢来ていました。


練馬は摘み取り農園を加えると、ブルーベリー農園は23区内では一番多いという。
そう言えばここ以外の近くの農家さんでも、摘み取り果樹園を経営されていて
最近はベリーの他ブドウ園もよく見る、美味しいらしい。
東京23区での産直、新鮮で美味しく、ありがたいです。


一緒に来る予定だった孫は、夏休みの宿題が未だあるからと不参加でした、残念。
少しお裾分けで届けましたが、うま〜いと喜んでくれた。
そのままでも美味しいけど、ジュースにすると更に美味しかった、また行こう。

摘み取りが終わる頃にはベリーの葉は綺麗に紅葉する。
モミジ月になる。
今年の暑い暑い夏はそしてエンディングかな〜!

松田けんじさんの絵、その後2020/08/11 10:17


山崎様

先日26日に、けんじさんの部屋でお会いしました片付け組の岩田です。
その節はおいでいただきありがとうございました。

大家さんへの挨拶も終わり、時間がない中で最後にいろんなものを撤収して帰りましたところ、けんじさんの作品がいくつか私の荷物の中に入っておりました。
ボードに描いたもの約15、ファイルに入っている切り絵、その他小さいイラストなどもあります。どうしようかと思いつつ 念のため連絡さしあげることにいたしました。

もし引き取ってくださるのなら、住所をお知らせくだされば送料当方もちにて
送らせていただきたいと思います。(こちらは千葉県柏市です。)
もし送る必要がなければ、遠慮無くおっしゃってくださいませ。
岩田由美


岩田さん/やまざき

お疲れさまです、そしていろいろありがとうございました
長期間に渡る片付け、本当に感謝です

5月12日に、ボクが制作・管理する松田さんのHPに池Xさんよりメールが届くまで
松田さんが倒れて入院している事を知らず、ボクも忙しく、
何となく連絡が無いな〜と思っていたのですが、、、

池Xさんのメッセージは次のようなもので、
ボクは「これは大変だ」と色々覚悟をしていました

お名前: 池XX子
メールアドレス: XXXXXXXX@gmail.com
メッセージ: 松田健司さんの義理の姪の池Xと申します。神奈川県に住んでいます。
健司さんのこのホームページを管理してくださっている方と連絡を取りたいです。健司さんは現在入院中で、これから暮らしを大きく変える必要があります。そのため、これまで健司おじさんとお仕事でつながりのある方とも連絡を取れたらと思っていますので、どうか、このメールを読んだら連絡をいただけますでしょうか。具体的には、健司さんのイラストや絵、また絵を描くために使う道具類、書籍などの次の行き先について、相談できたらと思っています。

池田さんと何回かやり取りするうちに、「6月10日に特別養護老人ホームへ無事入居いたしました」とメールが入り、取りあえずホッとしていたのですが、その後の連絡はなくさ〜どうしたものかと案じていましたら、ボクの仕事仲間の廣田くんから、
「石田さんという人から松田さんの件でメールが入ってますけど、どうしますか?」と連絡がありましたので、転送してもらい、そこで初めて石田さん、岩田さんが中心に片付けを進めている事を知り、24日の訪問となり、皆様にお会い出来た訳です

という訳で何のお手伝いも出来ませんでしたが、何はともあれ国立高校0Bの皆さんが
率先して色々やっていただきました事は感謝感謝です、本当にお世話になりました
先日預かったイラストは、個展に来ていただいたボクの友人や仕事の関係者に既に郵送等で渡しました
皆さん驚きながらも快く絵を引き取って下さり、ありがたい事だと思っています
額装された絵は直接手渡す予定でいますが、新型コロナで中々動きが思うように出来ませんのでもう少し時間は掛かるかもしれませんが、皆さんには了承済みです

さて、岩田さんの荷物にまぎれた?松田さんのイラストですが、
「もし破棄するようでしたら引き取ります」と、石田さんにはメールしてありますが
必ずしも欲しいという事ではありませんので、岩田さんが飾っていただいたり、
松田さんを知る人にお分けするのでしたら、岩田さんにお願いしたいと思います

明日からは8月、新型コロナはなかなか終息の気配はありません
自粛自粛と何だか心身ともに余裕がありませんが、どうぞご自愛ください


以下、ボクが渡した(送った)松田さんの絵のお礼ハガキ、メールを記します。電話はパス。
ハガキはNHK出版編集者の船津さん。松田さんと同い年で、イラストを使って本を作っています。昨年の個展に来場されてます。(画像クリックで拡大)

山崎信成様
先程、松田けんじさんの原画作品を受け取りました。
有り難うございました。
山崎さんのFBで松田さんの消息を読んだ直後だったので、ビックリするやら
山崎さんの手際のよさに驚いているところです。
松田さん、山崎さんとは、コロナ禍の件もあり、すっかりご無沙汰しているので
世の中が落ち着いたら、お誘いして食事でもしたいナ、と思っていたのですが……。
松田さんは「特別養護老人ホーム」ですか、身につまされてショックを感じます。
私も最近は、根気が減退したと言うか、畑仕事をしても以前のように朝から夕方までは続かず、午前中だけでダウンしてしまいます。
左耳の難聴が進み、カミさんとの会話でも、「問いかけ」をあて推量で「返答」してしまうので、「はやく耳鼻科に行って補聴器をつくりなさい!!」と怒鳴られる始末。
「認知症」はま、まだまだと思っていますが、日頃はカミさんと二人で「物忘れ競争」の連続です。
 
山崎さんのFBは、時折、拝読しています。その都度、「いいね」と思っても、返信せずに申し訳ありません。
四季折々、美しい花々に囲まれ、ヤマモモやイチゴ、カキ、クリ、……の収穫を楽しみ、音楽会やお芝居の
観賞、また奥様ともどもで作られる手料理での家族団らんのご様子……。羨ましい思いで拝読しています。
枡野

山崎さま
ご連絡ありがとうございます。
80歳で生活環境が変わるのは大変ですが周りはまずは安心・安堵?かなと思います。
うちもそうでした。
さて、イラストの件ありがとうございます。ぜひ頂戴したいと思います。
コロナの状況を見てよろしくお願いします。

しかし連日感染者増のニュース嫌になります。
テレワークと運動不足、渋谷は相変わらず人が多く裏道を通ってNEDへと、社会との接点が・・・

この状況はいつまで続くのやら、お互い気をつけて参りましょう。

斎藤
山﨑様
メールをありがとうございます。

さて、イラストレーターの松田健司さん、昨年は大変な年でいらしたのですね。そしてされた一大決心、私達にも遠からずやって来ることと他人事ならない気持ちがします。でも、誰の心の中にもある懐かしい情景を色鮮やかに生き生きと描かれた詩情溢れる作品と展覧会は印象的で、私の中で小さな宝石のようにいつまでも光を放ち続けると思います。既に今もそうであるように。

展覧会で求めた絵葉書、旧友とのやりとりにと思いましたがどうしても使えなくて、私の「好きな絵ファイル」の中でびくともしません。

悦ちゃんと私のために原画を1点ずつキープしてくださっているとのこと、山﨑さんのお気持ちに感謝感激しています。きっとその絵を観る度に展覧会とお花見の両方の思い出が重なるでしょう。悦ちゃんと同じ宝物ができることも嬉しいです。この閉塞感の中に、3人でお茶ができる日を待つ楽しみができました。ありがとうございます。

明日からは8月、梅雨明け後の猛暑対策と感染予防をしっかりして、お元気でお過ごしくださいませ。

吉原

山崎信成様
世の中は新型コロナウイルスで狂っています。
世の中のシステムも変わると宣言する識者も現れています。
歴史が作られていく現場に立ち会わされている感触です。
昨日、イラスト一枚を受け取りました。いよいよわれわれの世代にも、お終いの場面を想定しなければならなくなってきたかと感じます。生きているのもほんの一寸のような気もします。
そして、また、新しい時代が確かに来るでしょう。
ありがとうございました。
 
加藤
山崎 様
こんばんは。
松田さんのイラスト、受け取りました。
私までいただけるなんて、感激です。
1993年度版の10月に使わせていただいたイラストですね。
額に入れて飾らせていただきます。
ありがとうございます。
高橋

※メールは本人の許諾無く、記録として掲載しています