秋風の石を拾ふ2017/09/14 14:43


コンテナ植えの我が家のスイフヨウの花が咲いた。
例年よりかなり早い開花で、これも今年の異常気象のせいかな?
例年だと夏のフヨウが終わった後、
9月下旬、秋風が吹く頃から咲き出すのがスイフヨウだ。

フヨウが基本ピンクもしくは白の一日花を咲かせるのに対し、
スイフヨウは朝方に咲く白色の花が、時間の経過とともにピンク→→紅色に変化する。
この様子がお酒に酔うさまに似ている事から
「酔う」+「芙蓉」=「酔芙蓉(すいふよう)」の名が付けられたと言う。
粋なんだよね。


昼頃からほんのりとピンク色に染まる。
この時がこの花の見せ場の一つになる。香りはない。


夕方5時頃には完全に酔いが回り、紅色に変化するのです、、、。
艶っポイんだよね〜


辺りが暗くなる頃には紅色に、そしてしぼむ。
一日花の儚さは男心をくすぐる、翌日の夕方には落花する潔さもある。
11月下旬まで、長期間にわたってホボ毎朝次々と開花する。

同じ「すいふよう」という読みでも、「水芙蓉」と書いてしまうと「蓮(はす)」の事を指す。
「芙蓉」はハスの美称でもある。
で、フヨウをとくに区別する際には「木芙蓉」(もくふよう)と書く。
さらに「草芙蓉」(くさふよう)はアメリカフヨウのこと。ややこしいな〜、要注意です。

スイフヨウの花を見て、秋が来る

    秋風の石を拾う    山頭火

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://ydoffice.asablo.jp/blog/2017/09/14/8676767/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。